読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の一角獣

真城六月ブログ

雑踏 午後の音楽 【創作】

 

 

白く光るなにかが 大通りを渡り終えたとき 小雨が止んだ。足取りではにかみながら なにかはどんどん歩いて角を曲がり 見えなくなった。

 

 

 

 

アイスコーヒーは グラスの中で 氷がよろめくたびに 眠れ眠れと音を立てる。

 

 

 

 


陽炎 白昼夢 手を伸べて陰影

 

 

 

街は回転木馬を隠して思わせぶりだ

 

 

 


冷房の風は音符を散らばらせ 何処か遠くないところから檸檬の香りがする

 

 

 

 

道行く人は 皆やけに大きな翼をつけて 互いにぶつかることもなく歩いて行く。

 

 

背中が軟なわたしはいかにも軽いので いつの間にか空中に舞い上がり そのうちにたくさんの音符と混じってしまう。

 

 

 

 

あかるくあかるい夏の午後は 起きたまま夢を見る。

 

 

 

 


また白い光が