冬の一角獣

真城六月ブログ

綿菓子

 

 


                      綿菓子
     綿菓子                           綿菓子

     

        綿菓子                               綿菓子
                 

               綿菓子            綿菓子

 

綿菓子を手のひらで 小さくして ぽいと口に放り込み 飲み込んでしまった人がいた

戯け方のたどたどしさが印象に残っている


雨の日に 灰色の窓の外を見ながら 眠たげな猫に戯けて見せてみても あのうつくしい戯け方に どうしても似ないのはきっと いまのわたしにかなしみが足りないからだ


見たものを後で眠らせ 目覚めさせる 後になればなるほど増える 遺産

長い時をかけて効いてくる薬

それとも ずっと それのおかげで生きたって 知らされてしまう日の 何もかも飲み込んだ涼しい風に触る 

 

 

明かされることは一つ 手品が手品でなかったこと 種も仕掛けも鍵も秘密もありはしなかったことが ただ一つの


仕組みのない わたしへの 再びいつか とどめを刺す 贈りものに それが誰かへのわたしからの 贈りものに

 

五秒間 目蓋を 閉じて

 

広告を非表示にする