読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の一角獣

真城六月ブログ

巡る遺失物



置き忘れたノートに書かれる言葉の数々は

置き忘れられたペンを使って書いた名前は



世界のことを語るにも
思い馳せる範囲のみ
それでも知ったことをしか



だれかに教わり知った世界の
空を見て街を歩いて
動かないものや生きものに気づき
それらがなになのか
一人では分からなかったことを
だれかが教えてくれた
質問もなく説教もなく約束もなく
だれかは教えてくれた



だれかが教えてくれたのでひっくり返ってゆっくり回り、あれは驚異、これも驚異。懐かしい世界で





神秘は触れられる


思いにも影があり、陽だまりは撫でると微笑う




泣きすぎると空を飛べる





街路は泳げる





アクシデントはアクシデントを抱きしめる





いつか吹雪の中で小さな枝になり




桑の実を初めて口にしたのは二百年前






だれかに教わったことで世界は
膨らんだ膨らんだ
あの子の手放してしまいそうな青い風船





振り向いたあの子の髪にいつかのわたしのリボン