読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の一角獣

真城六月ブログ

ブルー七月ブルー

ここまでは雨雨雨の七月です。


学生さん達はもうすぐ夏休みに入ると思います。

夏休み、宿題や受験勉強や塾に追い立てられても合間にどうか楽しいことをたくさん味わえますように。見ず知らずの大人からは以上です。


思い返せば色々な夏休みがありました。海やプールで遊んだり、西瓜割りをしたり、カブトムシを捕まえたり、風邪で寝込んだり、お祭りであんず飴を食べたり、お腹を壊したり、高校生になると厳しい校則から逃れ、髪を茶色にしてみただけでとてつもなく悪いことをした気分になったり、ロックフェスティバルに行ったり、絵を描いたり、詩を書いてみたり、花火を見たり、わんわん泣いたり、げらげら笑ったり、ありきたりだけれど楽しい夏休みを通り過ぎてきました。


皆さんもそうかなと思います。ちょっと恥ずかしいことや悲しかったことも全部うっすらとぼやけていきますね。ほんとにあったことだったっけ。なんて。逆にこれは少ないですが、時が経つほど鮮やかになっていく記憶もありますね。だんだん分かっていくようなこともあります。その時には分からなかったことの種明かしがされたみたいに見えてくることもあります。今のこともいつかそうして新たに分かるかもしれません。


私の場合、七月はまだほんものの夏ではなく、八月がやっぱり夏だという気がします。

今年もきっとうんざりするほど暑くなります。そして暑さに飽きる頃、突然涼しい日が訪れて少し淋しいような物足りないような気持ちになるのでしょう。



今夜もきれいな雨音銀の鈴七月の夜はもういない兎とお部屋で泳ぎます。